共同募金とは?

「赤い羽根募金」は、「共同募金」の愛称です。
共同募金のシンボル=「赤い羽根」を使うようになったのは、第2回目の運動からです。1948年頃、アメリカでも、水鳥の羽根を赤く染めて使っていました。それにヒントを得て、日本では、不要になった鶏の羽根を使うようになりました。「赤い羽根」は、寄付をしたことを表す「共同募金」のシンボルとして、幅広く使われています。

共同募金は、10月1日から翌年の3月まで
(通常の募金:10月1日から12月31日、テーマ募金等の新しい取り組み:1月1日から3月31日)

運動は、北海道から沖縄まで全国いっせいに行われます。
毎年1回、全国いっせいに募金を行うため、厚生労働大臣の告示によって、募金期間が決められています。12月中は歳末たすけあい募金もあわせて行います。また、この期間以外でも、様々な寄付金を取り扱っています。

中央共同募金会    山梨県共同募金会

山梨県共同募金会甲府市支会

山梨県共同募金会甲府市支会は、甲府市社会福祉協議会内に事務所を置き共同募金 の目的達成のために事業を行っています。
(事業概要)
(1)山梨県共同募金会にて決定した事項
(2)共同募金に関する啓発、宣伝に関する事
(3)共同募金運動の計画、実施に関する事
(4)共同募金配分事業に関する事
(5)社会福祉団体等との連携に関する事
(6)その他、支会の目的達成に必要な事項

平成29年度赤い羽根共同募金のお願い



(お問い合わせ先)
 社会福祉法人 甲府市社会福祉協議会(福祉サービス課)
    甲府市相生2-17-1 TEL 055-225-2119